コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一党制 いっとうせい

百科事典マイペディアの解説

一党制【いっとうせい】

現に政権を握っている政党以外の政党の存在を認めない独裁政治体制。米国や英国の二大政党制,多党制,あるいは小党の分立する体制と対比される。革命のあとにしばしば成立する。ナチス・ドイツのファシズム体制や社会主義国のプロレタリアート独裁などはその例。また植民地から独立した新興国において,国家建設の過程で一党制が採られることも少なくない。
→関連項目政党政治

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の一党制の言及

【政党制】より

…政党間の関係,政党と他の社会集団との関係,政党の機能などの違いによって,国ごとにそのあり方はきわめて多様である。
[政党制の分類]
 もっとも顕著なのは,この制度の構成要素としての政党の数による違いで,政党制はこの点から一党制,二党制,多党制に大別される。一党制は法的規制などにより1政党のみを構成要素とする政党制で,かつては,中華人民共和国,アルバニア,ザイールなどの共産主義あるいは全体主義体制下の国々に見られたが,1990年代に入って,アルバニア,ザイールでは民主化が進み,多党化傾向が顕著になった。…

※「一党制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一党制の関連情報