一分金銀(読み)いちぶきんぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一分金と一分銀。一分金は,江戸時代の標準金貨である小判1両の4分の1の補助金貨。形が長方形であるため短冊,方金ともいう。初鋳は慶長6 (1601) 年の慶長一分金で,以後元禄,宝永正徳享保,元文,文政,天保,安政,万延と新一分金が鋳造された。一分銀は幕末銀貨で,天保8 (1837) 年の天保一分銀,安政6 (59) 年の安政一分銀,明治1 (68) 年の新政府鋳造貨幣司一分銀の称。本来銀は秤量貨幣として使用されたが,これら一分銀は4枚をもって1両にあてる表記貨幣である点に特徴がある。安政一分銀は itsibooなどと呼ばれ,幕末国際的金銀比価の相違による金流出を防ぐため,メキシコドルと同品位とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android