一切衆生(読み)イッサイシュジョウ

大辞林 第三版の解説

いっさいしゅじょう【一切衆生】

〘仏〙 この世に生きているすべての生きもの。生きとし生けるもの。一切有情。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっさい‐しゅじょう ‥シュジャウ【一切衆生】

〘名〙 仏語。この世に生を受けたすべてのもの。生きとし生けるもの。特に人間を中心にしていう場合が多い。一切有情
※霊異記(810‐824)下「仏は平等大悲の故に、一切衆生の為に正教を流布したまふ」 〔法華経‐譬喩品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android