正教(読み)ショウギョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ぎょう シャウゲウ【正教】

〘名〙 (「しょう」「ぎょう」はそれぞれ「正」「教」の呉音。「しょうきょう」とも)
① 仏の教え。
※霊異記(810‐824)下「一切衆生の為に正教を流布す」
② 仏教の経典。聖典。
※今昔(1120頃か)六「秦の始皇諸の書を焼くに、正教も皆被焼けり」
③ 正しい教え。真実の教え。
教行信証(1224)三「仏所有言説、即是正教・正義・正行・正解・正業・正智」

せい‐きょう ‥ケウ【正教】

〘名〙
① 正しい教え。しょうぎょう。
輿地誌略(1826)七「欧邏巴人の此に在は、専ら貿遷を事とすと雖も、亦旁ら蠢愚の土民を導き正教を勧む」 〔晉書‐衛玠伝〕
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「耶蘇の正教を奉ずる西洋人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正教の関連情報