正教(読み)セイキョウ

  • しょうぎょう シャウゲウ
  • しょうぎょう〔シヤウゲウ〕
  • せいきょう ‥ケウ
  • せいきょう〔ケウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しょう」「ぎょう」はそれぞれ「正」「教」の呉音。「しょうきょう」とも)
① 仏の教え。
※霊異記(810‐824)下「一切衆生の為に正教を流布す」
② 仏教の経典。聖典。
※今昔(1120頃か)六「秦の始皇諸の書を焼くに、正教も皆被焼けり」
③ 正しい教え。真実の教え。
※教行信証(1224)三「仏所有言説、即是正教・正義・正行・正解・正業・正智」
〘名〙
① 正しい教え。しょうぎょう。
※輿地誌略(1826)七「欧邏巴人の此に在は、専ら貿遷を事とすと雖も、亦旁ら蠢愚の土民を導き正教を勧む」 〔晉書‐衛玠伝〕
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「耶蘇の正教を奉ずる西洋人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正教の関連情報