有情(読み)うじょう(英語表記)sattva

  • うじょう ‥ジャウ
  • うじょう〔ジヤウ〕
  • ゆうじょう イウジャウ
  • ゆうじょう〔イウジヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (sattva 生存するものの意) 仏語。
① 感情など心の働きを持っているいっさいのもの。山川草木などに対して、人間、鳥獣などの生き物。⇔非情無情
※霊異記(810‐824)下「正覚(しゃうがく)を成せども有情を饒益(ねうやく)せむが故に因位に居り」
※徒然草(1331頃)一二八「すべて、一切の有情を見て、慈悲の心なからんは、人倫にあらず」 〔仁王護国経‐下〕
② 世に生を受けている人。
※往生要集(984‐985)大文五「有情無量無辺所有功徳、比於如来一毛功徳百千万分中其一
③ 風情があること。もののあわれが感じられること。
※碧雲稿(1419頃)春雨「窓外芭蕉樹、無情更有情」
[補注]梵語 sattva は「衆生」とも訳すが、一説に「衆生」は広く有情、非情に通じるとする。
〘名〙 (形動)
① 心あること。情趣のあること。また、そのさま。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉九「有情(イウジャウ)なるが故に相聚合し、有欲なるが故に相協力す」 〔杜甫‐哀江頭詩〕
② 感覚や感情を具えていること。また、そのさま。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の有情の言及

【衆生】より

…とくにサットバの訳語として用いられることが多い。サットバとは存在するもの,また心識をもつものの意で,有情(うじよう),含識(がんじき)などとも訳される。古くは衆生と漢訳し,唐代の玄奘以後のいわゆる新訳では有情と訳されている。…

※「有情」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有情の関連情報