有情(読み)うじょう(英語表記)sattva

デジタル大辞泉の解説

う‐じょう〔‐ジヤウ〕【有情】

《〈梵〉sattvaの訳》仏語。感情や意など、心の動きを有するもの。人間・鳥獣など。衆生。→非情無情

ゆう‐じょう〔イウジヤウ〕【有情】

[名・形動]
心のあること。人間としての感情があること。また、そのさま。
「―なるが故に相聚合し、有欲なるが故に相協力す」〈逍遥当世書生気質
感情や感覚をもつこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うじょう【有情】

〘仏〙 〔 sattva 生存するもの、の意〕 人間や動物など心・感情・意識をもつもの。衆生しゆじよう。薩埵さつた。 ⇔ 非情
感情が存すること。また、感情を理解しうること。 ⇔ 無情

ゆうじょう【有情】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
心あること。喜怒哀楽などの感情を有すること。また、そのさま。 ⇔ 無情 「 -なるが故に相聚合し/当世書生気質 逍遥
生物として、感覚をそなえていること。 → うじょう(有情)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の有情の言及

【衆生】より

…とくにサットバの訳語として用いられることが多い。サットバとは存在するもの,また心識をもつものの意で,有情(うじよう),含識(がんじき)などとも訳される。古くは衆生と漢訳し,唐代の玄奘以後のいわゆる新訳では有情と訳されている。…

※「有情」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有情の関連情報