一口物(読み)ヒトクチモノ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一口で食べられるほどの食物。すこしだけ盛って出す酒のさかな。つまみ。
※歌舞伎・染替蝶桔梗(1816)序幕「一口(ヒトクチ)ものに法螺ではない、鼻先まで此やうに、イヤ、むごい目にあふ事ぢゃ」
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)後「旦那のお好な一ト口ものを」
② いくつかのものをひとまとめにしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android