一口物(読み)ひとくちもの

精選版 日本国語大辞典「一口物」の解説

ひとくち‐もの【一口物】

〘名〙
一口で食べられるほどの食物。すこしだけ盛って出す酒のさかな。つまみ。
※歌舞伎・染替蝶桔梗(1816)序幕「一口(ヒトクチ)ものに法螺ではない、鼻先までやうに、イヤ、むごい目にあふ事ぢゃ」
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)後「旦那のお好な一ト口ものを」
② いくつかのものをひとまとめにしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一口物」の解説

ひとくち‐もの【一口物】

一口に食べられる程度の食物。つまみ。
「旦那のお好きな―を」〈人・娘節用・後〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android