一噱(読み)いっきゃく

精選版 日本国語大辞典「一噱」の解説

いっ‐きゃく【一噱】

〘名〙 (「噱」は大いに笑う) =いっしょう(一笑)①②
※童子問(1707)中「託倹而詆夫奢者、可一噱
※露骨なる描写(1904)〈田山花袋〉「文章と思想と一致しない文字の一噱(キャク)にも値せぬことは」 〔欧陽脩‐雪詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる