一字挟(読み)いちじばさみ

精選版 日本国語大辞典の解説

いちじ‐ばさみ【一字挟】

〘名〙 語の一音ごとに、同段のカ行音などを付け加えていうこと。たとえば、「さむいかぜ」を「さかむくいきかかぜけ」という類。近世深川などの岡場所で行なわれ、明治以後、花柳界に広まった。はさみことば。唐言(からこと)
滑稽本・風来六部集(1780)里のをだ巻評「客の前にて咡(ささや)き合ひ、一字はさみであて付けたり」
[語誌]宝暦一七五一‐六四)末頃起こったかといわれる。一音ごとに同段のカ行音を付すのが知られるが、キ付き・サ付き・シ付きなど特定の一音だけを挟んでいくこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android