一字金輪如来(読み)いちじきんりんにょらい

百科事典マイペディアの解説

一字金輪如来【いちじきんりんにょらい】

一字仏頂輪如来とも。サンスクリットEkaksara-usnisacakraの訳。大日如来が三摩地(最勝の悟り)に入って説いた真言,勃【ロ】【ン】(ボロン)の一字を人格化した如来。真言系統で最勝の修法であるとされ,中尊寺にある智拳印を結ぶ像は有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android