一字金輪如来(読み)いちじきんりんにょらい

百科事典マイペディアの解説

一字金輪如来【いちじきんりんにょらい】

一字仏頂輪如来とも。サンスクリットEkaksara-usnisacakraの訳。大日如来が三摩地(最勝の悟り)に入って説いた真言,勃【ロ】【ン】(ボロン)の一字を人格化した如来。真言系統で最勝の修法であるとされ,中尊寺にある智拳印を結ぶ像は有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android