一字(読み)イチジ

デジタル大辞泉の解説

いち‐じ【一字】

一つの文字。
《一文銭(いちもんせん)の表面に文字が四つあるところから》1文の4分の1。2分5厘。〈書言字考節用集〉
(「一銭一字」「一文一字」などの形で)わずかな銭(ぜに)1文を強調する言い方。
「一文―違うても、おのれが生けておかれうか」〈浄・二枚絵草紙〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじ【一字】

一つの文字。
〔一文銭の表に四文字あるところから〕 一文の4分の1。二分五厘。また、ごくわずかの金額のこと。 → 一銭一字

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐じ【一字】

〘名〙
① 一つの文字。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「光明満法界、一字務津梁
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉二「僻陬(いなか)には一丁字(イチジ)も読ぬ水呑百姓のみにて」 〔晉書‐衛恒伝〕
② 漢数字の「一」の文字。真一文字。
③ 「一字御免」において高貴の人が与える諱(いみな)の一つの文字。普通、諱の下字を与えるが、上字を与えるときは優遇を意味する。一字拝領した者は自家の通り名をその下に付して自身の諱とする。僧家、公家にも例を見るが、武家においてはすでに頼朝に始まる。
※鎌倉殿中以下年中行事(1454か)正月一四日「国人一揆中には御酒一献。但元服ありて御一字を被申時は三献」
一文銭の四分の一。二分五厘にあたる。一文銭の表に四文字あるところからいう。〔書言字考節用集(1717)〕
⑤ 小額な金としての銭一文を強調していう。「一文一字」「一字半銭」「一銭一字」などと熟して用いる。
※浄瑠璃・心中二枚絵草紙(1706頃)中「一文一字ちがふても、おのれがいけておかれうか」
⑥ 一筆書(ひとふでが)きのこと。
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「あそばした一字の夢やさますらん 其時てい家むねに手ををく〈三昌〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一字の関連情報