一字(読み)イチジ

デジタル大辞泉の解説

一つの文字。
《一文銭(いちもんせん)の表面に文字が四つあるところから》1文の4分の1。2分5厘。〈書言字考節用集〉
(「一銭一字」「一文一字」などの形で)わずかな銭(ぜに)1文を強調する言い方。
「一文―違うても、おのれが生けておかれうか」〈浄・二枚絵草紙〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

一つの文字。
一文銭の表に四文字あるところから 一文の4分の1。二分五厘。また、ごくわずかの金額のこと。 → 一銭一字

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一つの文字。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「光明満法界、一字務津梁
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉二「僻陬(いなか)には一丁字(イチジ)も読ぬ水呑百姓のみにて」 〔晉書‐衛恒伝〕
② 漢数字の「一」の文字。真一文字。
③ 「一字御免」において高貴の人が与える諱(いみな)の一つの文字。普通、諱の下字を与えるが、上字を与えるときは優遇を意味する。一字拝領した者は自家の通り名をその下に付して自身の諱とする。僧家、公家にも例を見るが、武家においてはすでに頼朝に始まる。
※鎌倉殿中以下年中行事(1454か)正月一四日「国人一揆中には御酒一献。但元服ありて御一字を被申時は三献」
④ 一文銭の四分の一。二分五厘にあたる。一文銭の表に四文字あるところからいう。〔書言字考節用集(1717)〕
⑤ 小額な金としての銭一文を強調していう。「一文一字」「一字半銭」「一銭一字」などと熟して用いる。
※浄瑠璃・心中二枚絵草紙(1706頃)中「一文一字ちがふても、おのれがいけておかれうか」
⑥ 一筆書(ひとふでが)きのこと。
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「あそばした一字の夢やさますらん 其時てい家むねに手ををく〈三昌〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一字の関連情報