コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一字 イチジ

デジタル大辞泉の解説

いち‐じ【一字】

一つの文字。
《一文銭(いちもんせん)の表面に文字が四つあるところから》1文の4分の1。2分5厘。〈書言字考節用集〉
(「一銭一字」「一文一字」などの形で)わずかな銭(ぜに)1文を強調する言い方。
「一文―違うても、おのれが生けておかれうか」〈浄・二枚絵草紙〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじ【一字】

一つの文字。
〔一文銭の表に四文字あるところから〕 一文の4分の1。二分五厘。また、ごくわずかの金額のこと。 → 一銭一字

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一字の関連キーワード福島県大沼郡会津美里町龍興寺北シリアルプリンター岩手県宮古市舘合町一字金輪仏頂尊目に一丁字なし一字一石塔富小路永貞偏諱を賜う逐語霊感説勧修寺光豊滋野井実光清閑寺熙房表意文字梅溪英通舟橋相賢一字拝領一文一字一文不知一銭一字音節文字

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一字の関連情報