コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最勝 サイショウ

デジタル大辞泉の解説

さい‐しょう【最勝】

[名・形動ナリ]最もすぐれていること。また、そのさま。
「丈六の弥陀如来、光明―にして第一無比なり」〈栄花・玉の台〉
最勝王経」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

最勝(さいしょう)

石川県羽咋郡志賀町で生産されるカキ。やや面長の渋柿で、肉質はやわらかく、芯が小さく、干柿に向く。能登半島の山麓部に古くから自生する在来種

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さいしょう【最勝】

( 名 ・形動ナリ )
最もすぐれている・こと(さま)。 「丈六の阿弥陀如来、光明-にして第一無比なり/栄花 玉の台
「金光明こんこうみよう最勝王経」の略。 「 -は甚深なる事余経に勝れ給へるに依りて/今昔 13

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

最勝の関連キーワード茨城県かすみがうら市宍倉石川県羽咋郡志賀町埼玉県春日部市粕壁青森県弘前市銅屋町金光明最勝王経音義栃木県足利市大岩町静岡県伊豆市宮上富山県富山市蜷川伏見宮文秀尼殿上の内論議一字金輪如来頼円(4)弥陀如来尊勝仏頂鎮護国家春日政治天台三会吉祥悔過金光明経西所川原

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最勝の関連情報