最勝(読み)サイショウ

デジタル大辞泉の解説

さい‐しょう【最勝】

[名・形動ナリ]最もすぐれていること。また、そのさま。
「丈六の弥陀如来、光明―にして第一無比なり」〈栄花・玉の台〉
最勝王経」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいしょう【最勝】

( 名 ・形動ナリ )
最もすぐれている・こと(さま)。 「丈六の阿弥陀如来、光明-にして第一無比なり/栄花 玉の台
「金光明こんこうみよう最勝王経」の略。 「 -は甚深なる事余経に勝れ給へるに依りて/今昔 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最勝の関連情報