コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宗紹麟 いっそう じょうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一宗紹麟 いっそう-じょうりん

1455-1516 室町-戦国時代の僧。
康正(こうしょう)元年生まれ。京都の臨済(りんざい)宗大徳寺の東渓宗牧(とうけい-そうもく)に師事し,その法をつぐ。永正(えいしょう)8年同寺住持となった。永正13年11月27日死去。62歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一宗紹麟の関連キーワードフェルナンド春夢草カール[5世]ホルバイン岡崎城宗砌康正膳城傍聴者数稲葉一鉄