コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康正 こうしょう

6件 の用語解説(康正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康正
こうしょう

[生]天文3(1534)
[没]元和7(1621)
安土桃山時代江戸時代初期の代表的仏師。定朝 21代と称し,康秀の子といわれる。教王護国寺大仏師に補される。慶長7 (1602) 年から同9年にかけて豊臣秀頼の命で同寺金堂の『薬師如来像』などを造像。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康正 こうしょう

1534-1621 織豊-江戸時代前期の仏師。
天文(てんぶん)3年生まれ。天正(てんしょう)5年京都教王護国寺(東寺)大仏師職(しき)をつぐ。東寺金堂の薬師三尊像が代表作。蓮華(れんげ)王院本堂(三十三間堂)の仏像修理でも知られる。元和(げんな)7年1月10日死去。88歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょう【康正】

1534‐1621(天文3‐元和7)
桃山時代の正系仏師で当時の第一人者。康秀の子で,大仏師大夫法印康正と称し,東寺大仏師をつとめた。宮廷関係,豊臣氏,教王護国寺(東寺),高野山をはじめ京都,奈良の諸大寺などによる像の造立,修理を多く手がけ,日吉神社の神像も製作(1585)している。現存する代表的作品は豊臣秀頼の命で造った教王護国寺金堂の薬師如来座像十二神将像である。蓮華王院本堂(三十三間堂)の諸像や教王護国寺講堂の五大尊や四天王像などの修理にも当たっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしょう【康正】

年号(1455.7.25~1457.9.28)。享徳の後、長禄の前。後花園天皇の代。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうしょう【康正】

日本の元号(年号)。室町時代、1455年から1457年まで、後花園(はなぞの)天皇の代の元号。前元号は享徳(きょうとく)。次元号は長禄(ちょうろく)。1455年(享徳4)7月25日改元。兵革(戦乱)の凶事を断ち切るために行われた。『尚書(しょうしょ)』(『書経(しょきょう)』)と『史記(しき)』を出典とする命名。康正年間の室町幕府の将軍は足利義政(よしまさ)(8代)。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

康正の関連キーワードクレメンス宇喜多能家クレメンスイエズス会織田信長ガスペーコレッジョ四河入海周期表クレマンの青春

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康正の関連情報