一家言(読み)いっかげん

精選版 日本国語大辞典「一家言」の解説

いっか‐げん【一家言】

〘名〙 その人独自の意見、主張。また、ひとかどの見識のある意見、論説。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)四「一家の文法を起初(はじめ)て、一家言数十百部をあらはす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一家言」の解説

いっか‐げん【一家言】

その人独特の意見や主張。また、ひとかどの見識のある意見。「伝統芸能に一家言をもっている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android