コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見識 ケンシキ

デジタル大辞泉の解説

けん‐しき【見識】

物事を深く見通し、本質をとらえる、すぐれた判断力。ある物事に対する確かな考えや意見。識見。「見識を備えた人物」
気位(きぐらい)。みえ。「彼女はいやに見識が高い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんしき【見識】

物事の本質を見通すすぐれた判断力。また、それに基づくしっかりした考え。識見。 「 -のある人」 「高い-をもつ」 「 -家」
気位。 「女ながらもいよいよ-を張つてゐた/黒潮 蘆花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見識の関連キーワード鍵の穴から天のぞく針の穴から天を覗く針の穴から天のぞく鍵の穴から天を覗く三十にして立つ学識経験者井蛙の見見識張る田舎学問先見の明村学究批評眼有識者有識俗眼活眼識者定見具眼達見

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見識の関連情報