見識(読み)ケンシキ

デジタル大辞泉「見識」の解説

けん‐しき【見識】

物事を深く見通し、本質をとらえる、すぐれた判断力。ある物事に対する確かな考えや意見。識見。「見識を備えた人物」
気位きぐらいみえ。「彼女はいやに見識が高い」
[類語]識見一見識教養眼識目利き洞察先見明察炯眼けいがん活眼慧眼眼力眼光心眼達眼審美眼目が高い目が利く目が肥える鑑識眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「見識」の解説

【見識】けんしき

識見。

字通「見」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android