見識(読み)ケンシキ

デジタル大辞泉「見識」の解説

けん‐しき【見識】

物事を深く見通し、本質をとらえる、すぐれた判断力。ある物事に対する確かな考えや意見。識見。「見識を備えた人物」
気位きぐらいみえ。「彼女はいやに見識が高い」
[類語]識見一見識教養眼識目利き洞察先見明察炯眼けいがん活眼慧眼眼力眼光心眼達眼審美眼目が高い目が利く目が肥える鑑識眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android