一念義(読み)イチネンギ

大辞林 第三版の解説

浄土宗で法然の門弟幸西らの主張した教義。浄土に往生するには一念の信心だけで十分であり、多く念仏する必要はないとするもの。 ⇔ 多念義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 浄土宗の一派。成覚房幸西、法本房行空などにより、さまざまに説かれたが、一般には一回でも念仏したあとはすでに往生が決定したとして、を犯しても往生のさわりにならないと説くもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一念義の言及

【一念義・多念義】より

…法然門下におこった念仏往生に関する論争。弥陀の本願を信じておこす,ひとたびの念仏で往生できるとするのが一念義,往生には臨終までできるだけ多くの念仏を唱える必要があるとするのが多念義。前者は行空,幸西らの立義,後者は隆寛の主唱にかかる。…

※「一念義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android