一文字蝶(読み)イチモンジチョウ

大辞林 第三版の解説

いちもんじちょう【一文字蝶】

タテハチョウ科のチョウ。開張6.5センチメートル 内外。はねの表面は黒褐色で白帯があり、裏面は橙褐とうかつ色。静止時にはねを広げると、表面の白帯が一線になる。幼虫はスイカズラ科の植物の葉を食べる。全国に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一文字蝶 (イチモンジチョウ)

学名:Ladoga camilla
動物。タテハチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちもんじ‐ちょう ‥テフ【一文字蝶】

〘名〙 タテハチョウ科のチョウ。はねの表面は黒褐色で、前後のはねを貫いて白紋が一列に並ぶ。裏面は茶黄色。開張約六・五センチメートル。日本各地に分布し、明るい場所を好む。幼虫はスイカズラ科植物の葉を食べ、幼虫で越冬する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android