一方的行為(読み)いっぽうてきこうい(英語表記)unilateral legal act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一方的行為
いっぽうてきこうい
unilateral legal act

国際法上,他国との法的関係の設定・変更・消滅,権利の確認などのために国際法主体の一方的な意思表示によって成立する法律行為。一般国際法上で認められる一方的行為には,通告,承認,抗議,放棄などの形態がある。それらが法的効果をもつには,一般国際法上の要件に従うことが必要である。新たにイギリスやアメリカの国家主権免除法のように,国内立法によって一方的に国際法規自体の変更をはかる傾向がみられるが,そうした一方的措置の法的位置づけについては,国際法的に確定していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一方的行為の関連情報