通告(読み)つうこく

精選版 日本国語大辞典「通告」の解説

つう‐こく【通告】

〘名〙
① 文書などで告げ知らせること。通知。通報。
※漂泊(1907)〈石川啄木〉二「僕が最後の通告を諸方へ飛ばし」
② 一定の行為または処分を相手方に行なわせる意図のもとに一定の事実を告げ知らせること。
※商法(1899)三八一条「会社に前項に掲ぐる事由ありと認むるときは裁判所に其の旨を通告することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「通告」の解説

つう‐こく【通告】

[名](スル)相手方に決定事項や意向などを告げ知らせること。特に、文書などで正式に告げ知らせること。「解雇を通告する」「強制執行を通告する」
通知用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android