通告(読み)つうこく

精選版 日本国語大辞典 「通告」の意味・読み・例文・類語

つう‐こく【通告】

〘名〙
文書などで告げ知らせること。通知通報
漂泊(1907)〈石川啄木〉二「僕が最後の通告を諸方へ飛ばし」
一定行為または処分相手方に行なわせる意図もとに一定の事実を告げ知らせること。
商法(1899)三八一条「会社前項に掲ぐる事由ありと認むるときは裁判所に其の旨を通告することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「通告」の意味・読み・例文・類語

つう‐こく【通告】

[名](スル)相手方に決定事項や意向などを告げ知らせること。特に、文書などで正式に告げ知らせること。「解雇通告する」「強制執行通告する」
通知[用法]
[類語]知らせ通知案内通達通牒告知連絡インフォメーション伝える知らせる報ずる告げる言い送る申し送る申し伝える申し越す申し渡す言い渡す達する伝達下達令達口達通ずるコミュニケートする取り次ぐ伝言する宣する知らす触れる話す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android