一昨昨日(読み)イッサクサクジツ

デジタル大辞泉の解説

いっさく‐さくじつ【一昨昨日】

の前の日。さきおととい。

さき‐おとつい〔‐をとつひ〕【一日】

さきおととい」に同じ。

さき‐おととい〔‐をととひ〕【一日】

おとといの前の日。さきおとつい。いっさくさくじつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっさくさくじつ【一昨昨日】

一昨日の前日。さきおととい。

さきおととい【一昨昨日】

おとといの前の日。三日前の日。さきおとつい。いっさくさくじつ。 〔副詞的用法の場合アクセントは [0]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっさく‐さくじつ【一昨昨日】

〘名〙 一昨日の前日。三日前。さきおととい。

さ‐おととい ‥をととひ【一昨昨日】

〘名〙 (「さ」は「さき」の略) =さきおととい(一昨昨日)〔名語記(1275)〕

さき‐おとつい ‥をとつひ【一昨昨日】

※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「あのの、先一昨日(サキヲトツヒ)の晩の、おや、先一昨日(サキヲトツヒ)と云ちゃア、最う去年だのう」

さき‐おととい ‥をととひ【一昨昨日】

〘名〙 おとといの前の日。三日前の日。いっさくさくじつ。さきおとつい。さきおってい。さおととい。さおとつい。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一五「一昨々日(サキヲトトヒ)の晩です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android