一昨日(読み)おととい

精選版 日本国語大辞典「一昨日」の解説

おと‐と‐い をととひ【一昨日】

〙 (「おとつい(一昨日)」の変化した語) きのうの前の日。いっさくじつ。
※後撰(951‐953頃)恋四・八七二・詞書「をととひなんかへりまうでこしかど」
[語誌](1)「万葉集」に用例の見えるオトツイにかわる語形として、平安朝以降用いられるようになった。近世に入ると、再び文献の上に復活するオトツイと併存する形となる。
(2)一七世紀頃までは上方でもオトトイの方が規範的な語形と認識されていたが、一九世紀ころには逆転した。その後、上方ではオトツイ、江戸を含む東日本ではオトトイが広く用いられたため、明治以降オトトイが標準語として定着した。

おと‐つ‐い をとつひ【一昨日】

〘名〙 (「おと」は「おと()」、「つ」は「の」を表わす格助詞、「い」は「ひ(日)」のの「をとつひ」の変化したもの) =おととい(一昨日)
※万葉(8C後)一七・三九二四「山の(かひ)そことも見えず乎登都日(ヲトツひ)も昨日も今日もの降れれば」

いっさく‐じつ【一昨日】

〘名〙 昨日の前日。二日前。おととい。〔名語記(1275)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一昨日」の解説

おと‐と‐い〔をと‐ひ〕【一日】

《「おとつひ(遠つ日)」の音変化》昨日の前の日。いっさくじつ。おとつい。
[類語]一昨日

いっさく‐じつ【一昨日】

昨日の前日。おととい。
[類語]おととい

おと‐つ‐い〔をと‐ひ〕【一日】

《「おとつ日」の意》「おととい」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android