コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一来 いちらい

1件 の用語解説(一来の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一来 いちらい

1164-1180 平安時代後期の僧。
長寛2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)園城寺(おんじょうじ)浄妙坊の筒井浄妙の弟子。源頼政の挙兵の際,師にしたがい,治承(じしょう)4年5月26日宇治橋で平家軍とたたかって討ち死にした。享年17歳(一説に23歳)。名は一頼ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一来の関連キーワード源平の合戦畠山重忠足利忠綱畠山重忠以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一来の関連情報