コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

園城寺 おんじょうじ

6件 の用語解説(園城寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

園城寺
おんじょうじ

滋賀県大津市園城寺町にある天台宗寺門派の総本山延暦寺を山門というのに対し,寺門という。天智,天武,持統の3天皇の御産湯の水を汲んだ井戸があったということから,俗に三井寺の称がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おんじょう‐じ〔ヲンジヤウ‐〕【園城寺】

滋賀県大津市にある天台宗寺門派の総本山。山号は長等(ながら)山。奈良時代末ごろの創建。円珍が再興し、貞観8年(866)延暦寺の別院となったが、円仁門徒と対立した円珍門徒は正暦4年(993)当寺に拠って独立。延暦寺を「山門」「山」というのに対して「寺門」「寺」という。金堂・新羅善神堂・円珍像などは国宝。三井寺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

園城寺【おんじょうじ】

三井(御井)寺(みいでら)とも。滋賀県大津市園城寺町にある天台寺門宗の総本山。長等山と号し,本尊弥勒菩薩像。686年の創建と伝える。858年円珍が唐から将来した〈五部心観〉などの経録図像を納め再興。
→関連項目阿【て】河荘大浦荘大津[市]戒壇柏木御厨慶政山門派・寺門派書院造聖護院菅浦僧兵天台宗琵琶湖国定公園三村荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おんじょうじ【園城寺】

滋賀県大津市にある天台寺門宗の総本山。山号は長等山。俗に三井寺といい,山門(延暦寺)に対して寺門ともいう。寺伝では,大友皇子の発願にもとづき,その子大友与多麿が686年(朱鳥1)に開創したというが,これは山門に対抗するための付会説で,実際には出土の瓦から,当地に住む大友村主(すぐり)氏の氏寺として白鳳時代に創建されたものであろう。寺の東方に井泉があり,天智・天武・持統3帝の産湯を汲んだので三(御)井寺とよぶという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おんじょうじ【園城寺】

滋賀県大津市園城寺町にある天台宗寺門派の総本山。俗に三井寺ともいう。山号、長等山。七世紀頃の創建。858年円珍が唐より帰朝して延暦寺別院とし、死後天台宗内の対立から993年に延暦寺と分離。以後、延暦寺が山門と呼ばれるのに対し寺門と呼ばれる。黄不動画像・金堂・経堂・勧学院客殿など文化財が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

園城寺
おんじょうじ

大津市園城寺町にある天台宗寺門(じもん)派の総本山。通称三井寺(みいでら)。比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)を山門というのに対し、寺門と称する。山号は長等山(ながらさん)。天智(てんじ)、弘文(こうぶん)、天武(てんむ)の3天皇の勅願により大友与多(よた)王が田園城邑(じょうゆう)を投じて長等山に建立、長等山園城寺と称したと伝えられる。白鳳(はくほう)時代の古瓦(こがわら)が出土するので、その時代に大友氏の氏寺として建てられたものではないかともいわれる。境内に天智、天武、持統(じとう)3帝の誕生水があったので、御井(みい)の寺といわれたとも、円珍(えんちん)(智証(ちしょう)大師)が霊泉の水を三部灌頂(かんじょう)の法水に用い、弥勒菩薩(みろくぼさつ)がこの世に下り、人々を救済するという弥勒三会(さんえ)の暁を待つ意味で三井寺とよばれたともいう。また、858年(天安2)に唐から帰国した円珍のもとに、新羅明神(しんらみょうじん)が姿を現し、将来した典籍を収めるによい場所として三井寺へ円珍を伴うと、162歳の教待(きょうたい)という老僧が迎え、大友与多王の子都堵牟麿(ととむまろ)が寺を円珍に献じたと伝えられている。
 天台宗では慈覚(じかく)大師(円仁(えんにん))系と智証大師系が並び行われ、両派から座主(ざす)が出ていたが、平安時代中期、座主に任ぜられた余慶(よけい)を慈覚大師系が拒否して両派の抗争が盛んとなった。ついに993年(正暦4)智証大師系の僧は園城寺へ入り、比叡山の慈覚大師系の山門と、園城寺の智証大師系の寺門の両派に分裂し、僧兵の跋扈(ばっこ)もあって互いに焼き打ちをしたりして争ったため、園城寺は平安時代に四度焼かれている。また、源氏と結び付いて後白河(ごしらかわ)法皇などの反平氏運動に協力したために堂舎を焼かれたが、源頼朝(よりとも)以下の保護を受けて再興した。智証大師派は寺門系の僧を受戒させるため、園城寺にも戒壇を新設しようとして山門と争い、また足利(あしかが)氏に近づいて北畠(きたばたけ)氏、新田(にった)氏に焼かれるなど、何度も焼かれている。1595年(文禄4)に豊臣(とよとみ)秀吉の怒りに触れて寺は壊され、寺領を没収されたが、のちに復興が許され、江戸時代には、北院・中院・南院の3塔に59院、5別所に25坊があった。門跡(もんぜき)寺院として円満(えんまん)院、聖護(しょうご)院、実相(じっそう)院をもち、東大寺、延暦寺、興福寺とともに京畿(けいき)の四大寺の一とされている。[田村晃祐]

年中行事

毎年5月16日に新羅善神(しんらぜんしん)堂で鬼子母神(きしもじん)祭が行われるが、子供の成長を祈って団子を神前に供えるので千団子ともいわれる。また、7月第2土曜日に札焼(ふだやき)、8月9日に観音菩薩(かんのんぼさつ)の千日会(せんにちえ)が行われる。[田村晃祐]

寺宝

建造物では、秀吉の北政所(きたのまんどころ)によって1599年(慶長4)竣功(しゅんこう)した園城寺金堂、翌年竣功の勧学院客殿、翌々年竣功の光浄院客殿(以上国宝)があり、桃山時代の代表的建築とされている。園城寺の鎮守の一つで、新羅明神を祀(まつ)る新羅善神堂(国宝)は、滋賀県に多い流造(ながれづくり)社殿の代表的なものである。そのほか唐院、閼伽井(あかい)屋、鐘楼、一切経蔵(いっさいきょうぞう)、大門、三重塔、食堂(じきどう)などが国重要文化財に指定されている。絵画、文書には、国宝として平安時代書写の図像「五部心観(ごぶしんかん)」や智証大師関係文書典籍51巻夾2帖(じょう)がある。また円珍が坐禅(ざぜん)中に感見したと伝えられる不動明王画像(黄不動、国宝)があり高野山(こうやさん)の赤不動、青蓮(しょうれん)院の青不動とともに、三大不動明王像の一つとされる。彫刻では、木像智証大師坐像(ざぞう)2躯(く)、新羅明神坐像1躯が国宝。そのほか国重要文化財指定の寺宝が多い。
 園城寺には四つの鐘があり、そのうち慶長(けいちょう)の大鐘はいわゆる「三井の晩鐘」として名高い。また「弁慶(べんけい)の引摺(ひきずり)鐘」は、弁慶が奪ったが、「いのう」(帰りたい)と鳴るので谷底へけ落としたという伝説をもつ。実際には、1264年(文永1)に山法師に奪われ、3年後に幕府の命によって返却されたものである。寺域には弘文天皇御陵、日本古美術の研究者フェノロサの墓がある。なお、西国三十三所第14番札所として知られる南院の山上の如意輪(にょいりん)観音は巡礼観音として名高い。[田村晃祐]
『上杉文秀著『日本天台史』(1936・破塵閣書房) ▽天台宗寺門派御遠忌事務局編『園城寺之研究』再版(1978・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の園城寺の言及

【近江国】より

… 平安京時代になると都と隣接した国として,さらに主要な位置を占めた。またそれより少し前の8世紀末に近江出身の最澄が開いた比叡山の延暦寺は,円仁,円珍らによってさらに発展したが,10世紀末以降智証(円珍)派の園城寺(おんじようじ)との抗争を繰り返した。源平内乱期にはこれら寺院勢力が近江源氏と結んで平氏討滅を誘引した。…

【本山派】より

…修験道の開祖を役行者(えんのぎようじや),派祖を円珍(智証大師)とし,宗派の基礎は平安末期に固められた。当時の園城(おんじよう)寺には修験を行ずる僧が続出し,熊野三山や大峰山,金峰山(きんぷせん),葛城山などに抖擻(とそう),参籠修行したが,その先駆者であった増誉(ぞうよ)が1090年(寛治4)白河上皇初回の熊野詣先達を務め,その功績によって初代熊野三山検校に補せられた。増誉は洛東に聖護院を建て,熊野権現を勧請して修験道の鎮守としたが,その後を継いだ行尊,覚宗,覚讃なども上皇,女院,公卿の熊野詣の先達を務め,同様熊野三山検校に補せられ,さらに覚讃以後は洛東新熊野社(いまくまのしや)の検校をも兼ねることになり,園城寺修験は修験道界に確固たる地位を築いた。…

※「園城寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

園城寺の関連キーワード寺門派滋賀県大津市枝滋賀県大津市小野滋賀県大津市木戸滋賀県大津市里滋賀県大津市下阪本滋賀県大津市中央滋賀県大津市比叡辻滋賀県大津市牧滋賀県大津市森

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

園城寺の関連情報