コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一楽亭栄水 いちらくてい えいすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一楽亭栄水 いちらくてい-えいすい

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
細田栄之(えいし)の門人で,栄昌,栄里につぐ高弟。大首絵の美人画を得意とした。作画期は寛政-享和(1789-1804)のころ。作品に錦絵「美人五節句」「太夫大首絵」,洒落本「野良(やろう)の玉子」の挿絵などがある。別号に一楽斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一楽亭栄水の関連キーワード細田栄之

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android