コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一楽亭栄水 いちらくてい えいすい

1件 の用語解説(一楽亭栄水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一楽亭栄水 いちらくてい-えいすい

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
細田栄之(えいし)の門人で,栄昌,栄里につぐ高弟。大首絵の美人画を得意とした。作画期は寛政-享和(1789-1804)のころ。作品に錦絵「美人五節句」「太夫大首絵」,洒落本「野良(やろう)の玉子」の挿絵などがある。別号に一楽斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

一楽亭栄水の関連キーワード鳥橋斎栄里文康葛飾北目桜川文橋清谷高尾蕉鹿等舟斗雷春川栄山文浪

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone