野良(読み)ノラ

  • ぬら

デジタル大辞泉の解説

《「ら」は接尾語。「良」は当て字》
野。野原。
「最寄の灌木の間や―などを猟(あさり)尽して」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
田や畑。「野良仕事」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

は接尾語。は当て字
野原。野。 さとはあれて人はふりにしやどなれや庭もまがきも秋の-なる/古今 秋下
田畑。農場。 -着 -仕事

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〙 (「ら」は接尾語。「良」はあて字)
。野原。草などのしげっている所。
※書紀(720)顕宗二年八月(図書寮本訓)「大泊瀬の天皇、射殺(いころ)し骨を郊野(ノラ)に棄(す)て」
② 田または畑。田畑。
※玉緒村上大森共有文書‐天正一三年(1585)六月二八日・近江上大森惣分掟「朝六より前、野らへ不出事」
〘名〙 (→ぬ(野)) ⇒のら(野良)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野良の関連情報