野良(読み)のら

精選版 日本国語大辞典「野良」の解説

の‐ら【野良】

〙 (「ら」は接尾語。「良」はあて字)
野原。草などのしげっている所。
※書紀(720)顕宗二年八月(図書寮本訓)「大泊瀬の天皇、射殺(いころ)し骨を郊野(ノラ)に棄(す)て」
② 田または畑。田畑。
※玉緒村上大森共有文書‐天正一三年(1585)六月二八日・近江上大森惣分掟「朝六より前、野らへ不出事」

ぬ‐ら【野良】

〘名〙 (→ぬ(野)) ⇒のら(野良)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「野良」の解説

の‐ら【野良】

《「ら」は接尾語。「良」は当て字》
野。野原。
「最寄の灌木の間や―などをあさり尽して」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
田や畑。「野良仕事」
[類語]野原平原広野ひろの広野こうや広原高原原っぱ松原草原そうげん草原くさはら草地野中野末野面田野

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android