一死一生すなわち交情を知る(読み)いっしいっせいすなわちこうじょうをしる

精選版 日本国語大辞典の解説

いっし【一死】 一生(いっせい)すなわち交情(こうじょう)を知(し)

(中国、前漢の時代、翟(てき)が、一時官をやめ、のち復職したが、その時その時によって人の態度の異なるのを見て、門前に「一死一生乃知交情、一貧一富乃知交態、一貴一賤交情乃見」と書きつけたという「史記‐汲鄭伝賛」の一節) 人は人生の転変によって、人情表裏を知るものである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android