一炷(読み)イッシュ

大辞林 第三版の解説

いっしゅ【一炷】

一本の灯心。
線香・香を、ひとたびくゆらすこと。香のひとくゆり。

いっちゅう【一炷】

香木の一片を香炉で炷くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐しゅ【一炷】

〘名〙 (こう)や線香をひとたきくゆらすこと。また、その一くゆり。いっちゅう。
※東海一漚別集(1375頃)冷泉藤公為先考三十三回忌請拈香「一炷兜楼烟縷幽、青雲接引現瓊楼
※中華若木詩抄(1520頃)上「よき香を一炷たいて」 〔白居易‐贈朱道士詩〕

いっ‐ちゅう【一炷】

御伽草子・多田満中(未刊国文資料所収)(室町末)「そののちどうし一ちうの香をねんじて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android