コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一番ケ瀬康子 いちばんがせ やすこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一番ケ瀬康子 いちばんがせ-やすこ

1927-2012 昭和後期-平成時代の社会福祉学者。
昭和2年1月5日生まれ。43年母校日本女子大の教授。平成9年長崎純心大教授。海外の社会福祉事情にくわしく,老人福祉,保育,女性問題などの啓蒙につとめた。平成24年9月5日死去。85歳。東京出身。編著に「養育院百年史」「現代社会福祉論」「日本の児童福祉」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一番ケ瀬康子の関連キーワードフェミニズム女性解放運動山高しげり高良留美子社会事業生江孝之家政学老年学老年期

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android