一瘤駱駝(読み)ひとこぶらくだ

精選版 日本国語大辞典の解説

ひとこぶ‐らくだ【一瘤駱駝】

〘名〙 ラクダ科の哺乳類。体高一・九~二・三メートル。背に一個のこぶ状の隆起があり、フタコブラクダより前後肢とくびが長い。体色は明るい砂色。家畜化されたものだけが生き残り、インドからアフリカにかけての乾燥地で飼育されている。他の家畜の飼えない砂漠地帯ではとくに重要で、荷物の運搬や、肉・乳用に利用されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android