一目千本(読み)ヒトメセンボン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一目で千本も見えるほどぎっしりと詰まっていること。特に桜の名所奈良県吉野山の、一望のもとに千本もの桜の見える所をいう。
※菅笠日記(1772)上「ここより見わたすところを、一目千本とかいひて、大かたよし野のうちにも、桜のおほかるかぎりとぞいふなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一目千本の関連情報