コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一筆画 イッピツガ

デジタル大辞泉の解説

いっぴつ‐が〔‐グワ〕【一筆画】

紙から筆を離したり墨継ぎをしたりしないで、一続きの線で描いた絵。中国六朝時代、宋の陸探微(りくたんび)が始めたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぴつが【一筆画】

東洋画の画法の一。墨継ぎをしないで、一筆で描きあげる絵。近世の文人・禅僧などがよく描いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一筆画
いっぴつが

東洋画の筆法の一つで、墨を継がずに一筆で描く絵のこと。唐の張彦遠(ちょうげんえん)の『歴代名画記』によると、後漢(ごかん)の張芝(ちょうし)は草書を学び、それに基づいて変化を加え、その書の体勢は、気脈がつながり、行が変わっても一筆で書き、断(き)れていないので、世間で一筆書と称したといわれる。その後、劉宋(りゅうそう)(六朝(りくちょう)時代)の陸探微(りくたんび)は書と画と共通した点を取り入れ一筆画を創造した。その絵は連綿として切れ目がなく、滑らかな美しさをもち、同時代に斬新(ざんしん)なものとして評価を得た。この一筆画がいつごろ日本にもたらされたか不明であるが、正倉院に伝わる絵紙(えがみ)に飛白体(ひはくたい)をもって霊獣、燕(つばめ)、雲などを描いたものがもっとも古い。近世になって禅僧や文人画家の間で、筆にたっぷりと墨を含ませ、一気に人物などを描くことが行われ、これを一筆画とよぶようになった。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一筆画の言及

【陸探微】より

…唐の張彦遠《歴代名画記》では〈画の六法全部を備えた画家はごくまれだが,陸探微,衛協だけは完全である〉と評されている。その線描は刀や錐のように鋭利で連綿と続き〈一筆画〉の名称がある。【古原 宏伸】。…

※「一筆画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一筆画の関連キーワード大川椿海葛飾北斎嗚呼絵東洋画一筆絵草書近世画法禅僧文人

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android