コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一筆 イッピツ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぴつ【一筆】

1本の筆。
墨継ぎをしないで一気に続けて書くこと。ひとふで。
簡単な手紙や文章を書くこと。また、その手紙や文章。「一筆認(したた)める」
土地登記簿上の一区画。→合筆(がっぴつ)分筆
同じ筆跡。また、一人で最初から最後まで全部書くこと。
「一切経を―に書き給へる」〈今鏡・五〉

ひと‐ふで【一筆】

ちょっと書きつけること。いっぴつ。「一筆書き添える」
途中で筆を休めないで一息に書くこと。いっぴつ。「一筆で書き上げる」
田畑・宅地の一区画。いっぴつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぴつ【一筆】

墨継ぎをせずに一気に書くこと。ひとふで。
ちょっと書くこと。また、書いた書状。 「 -したためる」 「 -とっておく」
同一人の筆跡。また、一人で最初から最後まで全部書くこと。 「大般若-書写の志ありけれど/著聞 2
〔検地帳に記したことから〕 一区画の田畑・土地。ひとふで。
〘法〙 物権の客体としての土地の単位で、土地登記簿の一枚の用紙に書き込まれた一つの土地。
[句項目]

ひとふで【一筆】

ちょっと書きつけること。いっぴつ。 「手紙を-書く」 「 -お願いします」
墨継ぎをせずに一気に書くこと。いっぴつ。
地面の一区画。いっぴつ。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一筆
いっぴつ

土地の単位。土地登記簿のうえで一個の土地とされるもので、土地は一ごとに登記簿に記録され、地番がつけられる。一筆の土地を複数にする(分筆)とそれぞれが一筆の土地となり、数筆の土地を一つにまとめる(合筆(がっぴつ))と一筆の土地になる。一筆の土地には一個の所有権が成立し、それが一個の物として取引されるが、一筆の土地の一部だけを独立の所有の対象とすることも認められている。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一筆の言及

【地籍】より

…土地の位置・形質および所有関係を明らかにする制度。土地はそれ自体としては連続的なものであるが,取引の対象とする場合には,これを区画して,それぞれの土地(その一単位を一筆(いつぴつ)という)の物理的・法的状態を明確に示しておく必要がある。そのための制度が地籍である。…

【土地】より

… 土地は連綿と続くものであるから,人為的に区画分けされる。その一区画(一筆という)を一個の土地とし,土地登記簿上一用紙が与えられ,所在地,地番,地目,地積(面積)により個性が特定され,私的権利成立の単位とされる(不動産登記法15条,78条以下)。土地には必ずその所有者が存在する(民法239条2項〈無主ノ不動産ハ国庫ノ所有ニ属ス〉)。…

※「一筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一筆の関連キーワード掴み高・摑み高・抓み高ケーニヒスベルクの橋書き足す・書足す耕地の傾斜の密度シンケングリーンシンケンイエローシンケンピンクシンケンブルーグラフ理論一筆ふせん一画・一劃一字書き玉川舟調有毛検見本多重次聞き做し引目鉤鼻つむり光地籍調査一筆啓上

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一筆の関連情報