コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一筆 イッピツ

5件 の用語解説(一筆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぴつ【一筆】

1本の筆。
墨継ぎをしないで一気に続けて書くこと。ひとふで。
簡単な手紙や文章を書くこと。また、その手紙や文章。「一筆認(したた)める」
土地登記簿上の一区画。→合筆(がっぴつ)分筆
同じ筆跡。また、一人で最初から最後まで全部書くこと。
「一切経を―に書き給へる」〈今鏡・五〉

ひと‐ふで【一筆】

ちょっと書きつけること。いっぴつ。「一筆書き添える」
途中で筆を休めないで一息に書くこと。いっぴつ。「一筆で書き上げる」
田畑・宅地の一区画。いっぴつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いっぴつ【一筆】

墨継ぎをせずに一気に書くこと。ひとふで。
ちょっと書くこと。また、書いた書状。 「 -したためる」 「 -とっておく」
同一人の筆跡。また、一人で最初から最後まで全部書くこと。 「大般若-書写の志ありけれど/著聞 2
〔検地帳に記したことから〕 一区画の田畑・土地。ひとふで。
〘法〙 物権の客体としての土地の単位で、土地登記簿の一枚の用紙に書き込まれた一つの土地。
[句項目]

ひとふで【一筆】

ちょっと書きつけること。いっぴつ。 「手紙を-書く」 「 -お願いします」
墨継ぎをせずに一気に書くこと。いっぴつ。
地面の一区画。いっぴつ。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一筆
いっぴつ

土地の単位。土地登記簿のうえで一個の土地とされるもので、土地は一筆ごとに登記簿に記録され、地番がつけられる。一筆の土地を複数にする(分筆)とそれぞれが一筆の土地となり、数筆の土地を一つにまとめる(合筆(がっぴつ))と一筆の土地になる。一筆の土地には一個の所有権が成立し、それが一個の物として取引されるが、一筆の土地の一部だけを独立の所有の対象とすることも認められている。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一筆の言及

【地籍】より

…土地の位置・形質および所有関係を明らかにする制度。土地はそれ自体としては連続的なものであるが,取引の対象とする場合には,これを区画して,それぞれの土地(その一単位を一筆(いつぴつ)という)の物理的・法的状態を明確に示しておく必要がある。そのための制度が地籍である。…

【土地】より

… 土地は連綿と続くものであるから,人為的に区画分けされる。その一区画(一筆という)を一個の土地とし,土地登記簿上一用紙が与えられ,所在地,地番,地目,地積(面積)により個性が特定され,私的権利成立の単位とされる(不動産登記法15条,78条以下)。土地には必ずその所有者が存在する(民法239条2項〈無主ノ不動産ハ国庫ノ所有ニ属ス〉)。…

※「一筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一筆の関連キーワード一気一気通貫一足飛び一筆画裾継ぎ一筆絵冷酒墨継ぎ継ぎ竿根継ぎ柱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一筆の関連情報