一等鯛(読み)イットウダイ

大辞林 第三版の解説

いっとうだい【一等鯛】

キンメダイ目の海魚。全長25センチメートル。体は長楕円形で側扁し、全身が赤く、白点のある鱗うろこは体側に一〇本の縦縞を作る。美味。本州中部から沖縄にかけて、沿岸のやや深い岩礁にすむ。カノコウオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一等鯛 (イットウダイ)

学名:Adioryx spinosissimus
動物。イットウダイ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっとう‐だい ‥だひ【一等鯛】

〘名〙 イットウダイ科の海魚。体長二五センチメートルに達する。体形は側扁し、堅く粗いうろこでおおわれている。体色は赤く、体側に九~一〇条の白い縦走帯がある。本州中部から沖縄に分布し、観賞用として水族館などで飼育される。カノコウオ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android