一粒(読み)ひとつぶ

精選版 日本国語大辞典「一粒」の解説

ひと‐つぶ【一粒】

〘名〙
① 一つの
※名語記(1275)五「四十里の芥城を、三年に一度 一粒づつとるに」
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)上「大名にむまるる種の一つぶが何万石ぞ」

いち‐りゅう ‥リフ【一粒】

〘名〙 ひとつぶ。また、極めてわずかなものをたとえるのにも用いる。
今昔(1120頃か)四「地の底の土の中より飯一粒を取り出て云く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一粒」の解説

ひと‐つぶ【一粒】

ひとつの粒。

いち‐りゅう〔‐リフ〕【一粒】

ひとつぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android