開店(読み)かいてん

精選版 日本国語大辞典「開店」の解説

かい‐てん【開店】

〘名〙
① 初めて店を開いて商売を始めること。みせびらき。開業
滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「万治二年日本橋通二丁目に開店(カイテン)してより年数凡(およそ)百五十余年」
② 店を開けて、業務を始めること。
百鬼園随筆(1933)〈内田百〉大人片伝「三河屋閉店したなら、開店するまで、食はずに待ってゐると云ふ程、食べ物に八釜しい大人なのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開店」の解説

かい‐てん【開店】

[名](スル)
新しく店を開いて営業を始めること。開業。みせびらき。「駅前支店開店する」「新装開店」⇔閉店
店を開けてその日の営業を始めること。⇔閉店
[類語]店開きオープン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android