コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一翁院豪 いちおう いんごう

2件 の用語解説(一翁院豪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一翁院豪 いちおう-いんごう

1210-1281 鎌倉時代の僧。
承元(じょうげん)4年生まれ。臨済(りんざい)宗。寛元(1243-47)のはじめ宋(そう)(中国)にわたる。帰国後,上野(こうずけ)(群馬県)世良田長楽寺住持となる。兀庵(ごったん)普寧,無学祖元が来日すると教えをうけ,祖元の法をついだ。弘安4年8月21日死去。72歳。諡号(しごう)は円明仏演禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

一翁院豪

没年:弘安4.8.21(1281.10.5)
生年:承元4(1210)
鎌倉中期の臨済宗仏光派の僧。壮年のころから諸師を歴参し,寛元年間(1243~47)に入宋して径山の無準師範に参じた。帰国後上野(群馬県)世良田の長楽寺に住したが,文応1(1260)年兀庵普寧建長寺に入ると参じ,また弘安2(1279)年建長寺に入った無学祖元に一偈を呈して印可を受け,法嗣となる。のち長楽寺に帰り,ほどなく示寂する。諡して円明仏演禅師と号する。<参考文献>卍元師蛮『延宝伝灯録』19巻

(中尾良信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一翁院豪の関連キーワード翠岩承堅渋谷有教正韵摂応晋恒宙外玄杲龍門宗禹活山玄旭済家無住規庵祖円

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone