コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一隻眼 イッセキガン

2件 の用語解説(一隻眼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いっせき‐がん【一隻眼】

一つの目。隻眼。
ものを見抜く特別な眼識。独特の批評眼。「一隻眼を具する」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一隻眼の言及

【目∥眼】より

…二目の人は,専心聴受し,聞きしがごとくに行なう〉とあるのを引用する南方熊楠は,中国人がさらにこれを転用して中国人は2眼,ラテン人は1眼,他は盲目などという例を列挙している。禅宗でいう一隻眼(いつせきげん)ももとは不十分な見識を指したのに,時代を経るうちにひとかどの見識,さらに心眼へと格上げされ,そのある位置も頭頂部の〈頂門〉ということになってしまった。 偓佺(あくせん)という仙人の両眼は四角形をしていたというが(《列仙伝》),古代エジプト人の定義によれば,人の目は口の形をしていて,その中に太陽たる瞳を包む。…

※「一隻眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone