一龍斎 貞丈(5代目)(読み)イチリュウサイ テイジョウ

20世紀日本人名事典の解説

一龍斎 貞丈(5代目)
イチリュウサイ テイジョウ

昭和期の講談師



生年
明治39(1906)年8月13日

没年
昭和43(1968)年7月27日

出生地
三重県

本名
柳下 政雄

別名
前名=昇龍斎 貞一

学歴〔年〕
早稲田実業〔大正15年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章〔昭和43年〕

経歴
新作、旧作とりまぜて昭和初期の講談師として人気があった。特に新作の「金色夜叉」「後藤新平」など得意のだし物だった。戦後、衰退一路の講談を、上野の本牧亭に拠って守り通した。子の一龍斎貞花が6代目を継いだ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

一龍斎 貞丈(5代目)
イチリュウサイ テイジョウ


職業
講談師

本名
柳下 政雄

別名
前名=昇龍斎 貞一

生年月日
明治39年 8月13日

出生地
三重県

学歴
早稲田実〔大正15年〕卒

経歴
新作、旧作とりまぜて昭和初期の講談師として人気があった。特に新作の「金色夜叉」「後藤新平」など得意の出し物だった。戦後、衰退一路の講談を、上野の本牧亭に拠って守り通した。子の一龍斎貞花が6代目を継いだ。

受賞
勲四等瑞宝章〔昭和43年〕

没年月日
昭和43年 7月27日 (1968年)

家族
息子=一龍斎 貞丈(6代目)

伝記
貞丈のお笑い芸界銘々伝 一龍斎 貞丈 著(発行元 日本デザインクリエーターズカンパニー ’90発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

一龍斎 貞丈(5代目) (いちりゅうさい ていじょう)

生年月日:1906年8月13日
昭和時代の講談師
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android