七種蓋置(読み)しちしゅふたおき

精選版 日本国語大辞典「七種蓋置」の解説

しちしゅ‐ふたおき【七種蓋置】

〘名〙 茶釜を置く道具七種類の名称。火屋(ほや)栄螺(さざえ)・一閑人・五徳・三閑人(三つ人形)・三つ葉の七種。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「七種蓋置」の解説

しちしゅ‐ふたおき【七種蓋置】

茶道具で、代表的な蓋置の7種。火屋ほや・五徳・三つ葉・一閑人・栄螺さざえ・三つ人形・かにをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android