七種(読み)シチシュ

デジタル大辞泉の解説

しち‐しゅ【七種】

七つの種類。
七夕(たなばた)祭りに供える七つ品物。7の数にちなむものを供える。

なな‐くさ【七種/七草】

7種類。なないろ。また、いろいろ。
春の七草」のこと。芹(せり)薺(なずな)御形(ごぎょう)蘩蔞(はこべ)仏座(ほとけのざ)菘(すずな)蘿蔔(すずしろ) 新年》
秋の七草」のこと。萩(はぎ)尾花(おばな)葛(くず)撫子(なでしこ)女郎花(おみなえし)藤袴(ふじばかま)桔梗(ききょう)
七種の節句」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐しゅ【七種】

〘名〙
① 七つの種類。
※観智院本三宝絵(984)上「慈の心を以て先づ汝を度(た)して七種の道を行ひ、七随眠を断たしめむと」
② 陰暦七月七日の七夕祭に、織女牽牛二星に供える七つの品物。七百首の詩、七百首の歌、七十韻の連歌、七十韻の連句、七調子の管弦、七百の数の鞠、七献の酒など、すべて七の数をもつ品物が七種類供えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七種の関連情報