七種(読み)シチシュ

  • ななくさ
  • 七▽種/七草

デジタル大辞泉の解説

七つの種類。
七夕(たなばた)祭りに供える七つの品物。7のにちなむものを供える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 七つの種類。
※観智院本三宝絵(984)上「慈の心を以て先づ汝を度(た)して七種の道を行ひ、七随眠を断たしめむと」
② 陰暦七月七日の七夕祭に、織女・牽牛の二星に供える七つの品物。七百首の詩、七百首の歌、七十韻の連歌、七十韻の連句、七調子の管弦、七百の数の鞠、七献の酒など、すべて七の数をもつ品物が七種類供えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七種の関連情報