コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火屋 ヒヤ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐や【火屋】

火葬場。焼き場。
「かはらやに―といふものつくるを見て」〈和泉式部集・上・詞書〉

ほ‐や【火屋/火舎】

ランプやガス灯などの火をおおうガラス製の筒。「―がすすける」
香炉や手あぶりなどの上をおおうふた。
火葬場。
「もう此方も追付け―へ行く体」〈浄・廿四孝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひや【火屋】

火葬場。焼き場。 「あはれこの月こそくもれ昼みつる-の煙は今や立つらむ/和泉式部集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火屋
ほや

香炉や手あぶりなどの上を覆う蓋(ふた)。火舎とも書く。その形が屋舎状であるところからの名で、香炉そのものの俗称としても用いられる。転じてヨーロッパ伝来のランプやガス灯などの、炎を覆うガラス製の筒をいうほか、方言として電球をいう場合もあり、近世には「火焚(た)き屋」の意から火葬場の異称としても用いられた。なお、ランプの火屋は煤(すす)がついて黒く汚れやすく、しばしば掃除をしなければならなかったが、筒の口が細いため、その仕事は手の小さな子供の役目であった。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

火屋の関連キーワード伊藤 忠兵衛(2代目)火取り・火採り太田 耳動子忌火(斎火)ホヤ(海鞘)大浦 蟻王萩原 麦草原 コウ子他家・他屋石井 庄司阿古陀香炉永田 耕衣市川 一男内田 暮情三橋 鷹女原 石鼎カンテラ三橋鷹女原コウ子内田暮情

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android