コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火屋 ヒヤ

4件 の用語解説(火屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐や【火屋】

火葬場。焼き場。
「かはらやに―といふものつくるを見て」〈和泉式部集・上・詞書〉

ほ‐や【火屋/火舎】

ランプやガス灯などの火をおおうガラス製の筒。「―がすすける」
香炉や手あぶりなどの上をおおうふた。
火葬場。
「もう此方も追付け―へ行く体」〈浄・廿四孝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひや【火屋】

火葬場。焼き場。 「あはれこの月こそくもれ昼みつる-の煙は今や立つらむ/和泉式部集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火屋
ほや

香炉や手あぶりなどの上を覆う蓋(ふた)。火舎とも書く。その形が屋舎状であるところからの名で、香炉そのものの俗称としても用いられる。転じてヨーロッパ伝来のランプやガス灯などの、炎を覆うガラス製の筒をいうほか、方言として電球をいう場合もあり、近世には「火焚(た)き屋」の意から火葬場の異称としても用いられた。なお、ランプの火屋は煤(すす)がついて黒く汚れやすく、しばしば掃除をしなければならなかったが、筒の口が細いため、その仕事は手の小さな子供の役目であった。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火屋の関連キーワードガス灯・ガス燈ガスランプ硬質ガラス石油ランプ火蓋火を落とすフロントガラス白熱ガス灯花ガス洋灯

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火屋の関連情報