栄螺(読み)サザエ

デジタル大辞泉「栄螺」の解説

さざえ【栄螺/拳螺】

リュウテンサザエ科の巻き貝。北海道南部から南の暖流の影響を受ける岩礁分布貝殻は殻高約10センチで厚く、こぶし状をなし、太いとげのような突起をもつものが多い。肉は壺焼きなどで賞味され、春から初夏が旬。さざい。さだえ。 春》「海げるしづかさに焼く―かな/蛇笏
茶道具の七種蓋置しちしゅふたおきの一。サザエの形をしたもの。

さざい【栄螺】

さざえ」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「栄螺」の解説

さざい【栄螺】

〘名〙
① 「さざえ(栄)」の変化した語。
言継卿記‐天文一五年(1546)三月二〇日「予又内々へ、ささい数十被下之」
※雑俳・柳多留‐六一(1812)「のふた明く日にさざいにへこぼれ」
[補注]子見出しは「さざえ」のにまとめた。

さだえ【栄螺】

〘名〙 「さざえ(栄螺)」の変化した語。
※国基集(1102頃)「したたみも鮑さたえももかきあつめたりみななからみよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「栄螺」の解説

栄螺 (サザエ)

学名Batillus cornutus
動物。リュウテンサザエ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android