コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄螺 サザイ

デジタル大辞泉の解説

さざい【栄螺】

さざえ」の音変化。

さざえ【栄螺/拳螺】

リュウテンサザエ科の巻き貝。北海道南部から南の暖流の影響を受ける岩礁に分布。貝殻は殻高約10センチで厚く、こぶし状をなし、太いとげのような突起をもつものが多い。肉は壺焼きなどで賞味され、春から初夏が旬。さざい。さだえ。 春》「海凪(な)げるしづかさに焼く―かな/蛇笏
茶道具の七種蓋置(しちしゅふたおき)の一。サザエの形をしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さざい【栄螺】

「さざえ」の転。

さだえ【栄螺】

「さざえ」の転。 「 -棲む瀬戸の/山家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

栄螺 (サザエ)

学名:Batillus cornutus
動物。リュウテンサザエ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

栄螺の関連キーワード壺焼き・壺焼・壷焼き・壷焼甲蠃・石陰子七種蓋置恐れる茶道具栄螺堂壺焼き飯盛山甲蠃壺焼暖流岩礁山家嘉長神饌蓋置螺鈿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栄螺の関連情報