コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五徳 ゴトク

デジタル大辞泉の解説

ご‐とく【五徳】

五つの徳目。温・良・恭・倹・譲(「論語」)、智・信・仁・(「孫子」)など。
金属や陶器で作った3本または4本脚のある輪。火鉢や炉の火の上にかぶせて立て、やかんや鉄瓶などをかける。
紋所の名。2の形を図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごとく【五徳 Wǔ dé】

(1)土・木・金・火・水の五つの徳。中国,戦国時代に斉の騶衍(すうえん)は,王朝の交替,歴史の変遷を五徳の循環によって説明する,いわゆる五徳終始説をとなえた。それによると,循環は五行相勝(ごぎようそうしよう)の原理,すなわち〈木は土に勝ち,金は木に勝ち,火は金に勝ち,水は火に勝ち,土は水に勝つ〉とされる。それゆえ土徳に当たる黄帝の次には木徳に当たる夏王朝が興り,夏王朝の次には金徳に当たる殷王朝が興り,殷王朝の次には火徳に当たる周王朝が興り,周に代わって天下を統一するのは水徳の王朝(秦)である,と説かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごとく【五徳】

五つの徳目。仁・義・礼・智・信。あるいは温・良・恭・倹・譲。また、五行ごぎよう(木・火・土・金・水)の徳など。
〔孫子 始計〕 武将が意を用いるべき五つの徳目。知・信・仁・勇・厳。
火鉢の灰の中に据えて、鉄瓶てつびんや釜かまなどをのせる、三本脚の輪形の台。普通、足を上にして輪を灰中に埋めて用いる。
家紋の一。の全形をかたどったもの。 → かなわ(金輪)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ごとく【五徳】

火鉢やなどで炭火の上に立て、鉄瓶やかんなどを置く、輪に3本または4本の脚のついた鉄製陶製の道具。輪の方を下にして灰の中に据え、脚の先が爪になっていてその上に鉄瓶などを置く。また、ガスこんろバーナーの上に鍋などを置くための、爪のついた枠もいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五徳
ごとく

いろりや土間(どま)の炉、火鉢の中に置き、鉄瓶や湯釜(ゆがま)などをかける道具。かなわ、かなご(鉄輪)ともよばれ、大きさには大小がある。直径7、8ミリメートル程度の鉄の棒を輪にし、それに同じく鉄の棒で3本の脚(あし)をつけたものが多い。3本の脚はそれぞれ先端を平たく打ち、内側に鉤(かぎ)状に曲げ、これを爪(つめ)とよぶ。使い方は、輪を上にして置く方法と、逆に爪を上にして輪を灰の中に埋めて使う方法がある。後者は茶道に始まった使用法といわれている。五徳には真鍮(しんちゅう)製、砲金(ほうきん)製、陶製、土製のものもあり、またテッキ、テッキュウ、吉原五徳、まむし五徳などといって長方形の四隅に脚をつけたものもある。これは渡し鉄が左右に動き、餅(もち)をのせて焼いたりもした。[小川直之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

五徳の関連キーワード陰架・隠架・隠家ゲル(天幕住居)信濃前司行長透き木・透木百鬼夜行絵巻電気こんろ誹諧初学抄金輪・鉄輪松本五三郎丑の時参り頼経明子松平信康七種蓋置生駒吉乃コッヘル津田真澄長火鉢顧頡剛陰陽家五常楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五徳の関連情報