コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓋置 ふたおき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓋置
ふたおき

茶道具の一種。釜の蓋や柄杓 (ひしゃく) を置く台。材料には古銅,陶磁,木竹などが用いられ,穂屋 (火舎) ,栄螺 (さざえ) ,蟹,一閑人,五穂 (五徳) ,三つ葉,三つ人形の形をしたものを7種蓋置と呼び,蓋置の代表的なものとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふたおき【蓋置】

茶の湯で、釜の蓋や柄杓ひしやくを置く具。古銅・陶磁器・木竹などで作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓋置
ふたおき

茶の点前(てまえ)で釜(かま)の蓋や柄杓(ひしゃく)をのせるための道具。その基本は竹製であるが、鉄、唐銅(からがね)、陶磁器などでもつくられる。室町時代には釜の蓋の下に隠れるところから隠家(かくれが)、隠架(いんか)、陰架(いんか)と称した。古くは台子皆具(だいすかいぐ)の一つとして使われだしたため、そのほとんどは中国の墨台(ぼくだい)、墨床(ぼくしょう)などの文房四宝からの見立て品であった。桃山期になると7種蓋置が制定され、火舎(ほや)、五徳(ごとく)、一閑人(いっかんじん)、三つ人形、蟹(かに)、栄螺(さざえ)、三つ葉などを称するようになった。またそのころ竹の蓋置が考え出され、節なしにつくるか、節ありにつくるかを、千利休(せんのりきゅう)が息子の道安(どうあん)と少庵(しょうあん)に選ばせた話も伝えられている。その後、竹蓋置が主流を占めるようになり、炉(ろ)用の中節(なかぶし)、風炉(ふろ)用の上節、台子用の輪形が定着するようになった。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓋置の関連情報