コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七等 シチトウ

デジタル大辞泉の解説

しち‐とう【七等】

七つの等級。また、7番目の等級。
人としてすぐれた七つの階級。五人にすぐれた者を茂、十人にすぐれた者を選、百人にすぐれた者を俊(しゅん)、千人にすぐれた者を英、二千人にすぐれた者を賢、1万人にすぐれた者を傑、1億人にすぐれた者を聖という。
孫以下の7世代。孫・曽孫(そうそん)・玄孫来孫昆孫(こんそん)・仍孫(じょうそん)・雲孫をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちとう【七等】

七つの等級。また、七番目の等級。
孫以下七代の卑属。孫・曽孫・玄孫・来孫・昆孫・仍孫じようそん・雲孫の総称。
すぐれた人の七つの階級。五人にすぐれた者を茂、十人にすぐれた者を選、百人にすぐれた者を俊、千人にすぐれた者を英、二千人にすぐれた者を賢、一万人にすぐれた者を傑、一億人にすぐれた者を聖という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

七等の関連キーワードカノン(美術用語)新羅(しらぎ)東南アジア音楽昔話稲妻表紙お雇い外国人人見 勝太郎吉田 兵次鷲頭 ヨシ黒川 武雄渡辺 国武日下 義雄林家 トミ松井 正三逸見仲三郎峰島 喜代廃藩置県片岡健吉手塚律蔵春日 学椿大神社

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七等の関連情報