七等(読み)シチトウ

デジタル大辞泉の解説

しち‐とう【七等】

七つの等級。また、7番目の等級。
人としてすぐれた七つの階級。五人にすぐれた者を茂、十人にすぐれた者を選、百人にすぐれた者を俊(しゅん)、千人にすぐれた者を英、二千人にすぐれた者を賢、1万人にすぐれた者を傑、1億人にすぐれた者を聖という。
孫以下の7世代。孫・曽孫(そうそん)・玄孫来孫昆孫(こんそん)・仍孫(じょうそん)・雲孫をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちとう【七等】

七つの等級。また、七番目の等級。
孫以下七代の卑属。孫・曽孫・玄孫・来孫・昆孫・仍孫じようそん・雲孫の総称。
すぐれた人の七つの階級。五人にすぐれた者を茂、十人にすぐれた者を選、百人にすぐれた者を俊、千人にすぐれた者を英、二千人にすぐれた者を賢、一万人にすぐれた者を傑、一億人にすぐれた者を聖という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐とう【七等】

〘名〙
七つ等級。また、七番目の等級。〔宋史‐寧宗紀〕
② (「白虎通‐聖人」に「礼別名記曰、五人曰茂、十人曰選、百人曰俊、千人曰英、倍英曰賢、万人曰傑、万傑曰聖」とあるのによる) 人の中ですぐれた七つの階級。茂(五人にすぐれた者)、選(十人にすぐれた者)、俊(百人にすぐれた者)、英(千人にすぐれた者)、賢(二千人にすぐれた者)、傑(万人にすぐれた者)、聖(一億人にすぐれた者)の七つの総称。
③ 孫以下の七代の子孫。孫・曾孫・玄孫・来孫・昆孫(こんそん)・芿孫(じょうそん)・雲孫の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七等の関連情報