万仞道坦(読み)ばんじん どうたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

万仞道坦 ばんじん-どうたん

1698-1775 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)11年生まれ。曹洞(そうとう)宗。加賀大乗寺の大機行休(ぎょうきゅう)の法をつぐ。備中(びっちゅう)本光寺,肥前泰智(たいち)寺などの住職をつとめ,三河に万福寺をひらいた。安永4年6月9日死去。78歳。肥前藤津郡(佐賀県)出身。俗姓は池田。号は三休庵。著作に「正法眼蔵秘鈔(しょうぼうげんぞうひしょう)」「万仞和尚語録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android