万城目 正(読み)マンジョウメ タダシ

20世紀日本人名事典の解説

万城目 正
マンジョウメ タダシ

昭和期の作曲家



生年
明治38(1905)年1月30日

没年
昭和43(1968)年4月25日

出生地
北海道中川郡幕別町

本名
万城目 侃

学歴〔年〕
武蔵野音楽学校中退

経歴
武蔵野音校でバイオリンを専攻。浅草松竹座を経て、松竹蒲田撮影所に入り映画音楽を担当。昭和13年日本コロムビアに入社、同年の松竹映画「愛染かつら」の音楽監督として主題歌「旅の夜風」を作曲し、空前のブームを巻き起こす。戦後は21年の映画「そよかぜ」の挿入歌リンゴの唄」が大ヒット、混乱期に明るい歌声を送り込んだ功績は大きかった。他にも「暁に祈る」「懐しのブルース」「悲しき口笛」「東京キッド」「越後獅子の歌」「哀愁日記」「この世の花」などヒット曲を多数作曲した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

万城目 正 (まんじょうめ ただし)

生年月日:1905年1月31日
昭和時代の作曲家。「リンゴの唄」「東京キッド」など
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android