コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越後獅子 えちごじし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越後獅子
えちごじし

門付 (かどづけ) 芸およびそれを題材とした音楽および舞踊。 (1) 越後 (新潟県) 蒲原を本拠として諸国を歩いて角兵衛獅子の扮装で踊りや軽業 (かるわざ) を見せる門付芸およびその芸人。 (2) 地歌箏曲およびその地による地歌舞。峰崎勾当作曲。三下り手事曲。箏の手は流派,地域により異なる。 (3) 歌舞伎舞踊曲。長唄。文化8 (1811) 年江戸中村座において3世中村歌右衛門七変化舞踊『遅桜手爾葉七字 (おそざくらてにはのななもじ) 』のうちの一つとして作られた。篠田金次,9世杵屋六左衛門作 (後者は曲も) 。市山七十郎振付。軽業を披露する越後 (角兵衛) 獅子を題材に,地歌『越後獅子』,『さらし』,民謡などを取入れ,うまく江戸ふうに仕立ててある。浜唄,踊り地,布ざらしなどが有名。プッチーニの歌劇『蝶々夫人』にその旋律が取入れられているほか,浜唄を山田耕筰が独奏曲に編曲。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えちご‐じし〔ヱチゴ‐〕【越後×獅子】

越後国西蒲原(にしかんばら)郡月潟(つきがた)村(現、新潟市)から出て諸国を回っていた一人立ちの獅子舞獅子頭(ししがしら)をかぶった子供が、親方の笛・太鼓に合わせて曲芸をして、銭を請うた。江戸中期から後期に盛行。角兵衛獅子。蒲原獅子 新年》

地歌手事物(てごともの)。天明年間(1781~1789)に峰崎勾当(みねざきこうとう)が作曲。市浦検校八重崎検校が手を加えたものもある。歌詞はを題材にして越後名物をよみ込む。
歌舞伎舞踊長唄。篠田金次作詞、9世杵屋六左衛門(きねやろくざえもん)作曲。七変化「遅桜手爾葉七字(おそざくらてにはのななもじ)」の一つとして、文化8年(1811)江戸中村座で3世中村歌右衛門が初演。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

越後獅子【えちごじし】

長唄の曲名。七変化舞踊《遅桜手爾葉七字(おそざくらてにはのななもじ)》の第4曲。9世杵屋六左衛門作曲。1811年初演。全曲三下り。市村座大当りをとっていた3世坂東三津五郎の《汐汲》への対抗策として,3世中村歌右衛門が作らせて,中村座で上演し,ついに三津五郎の人気を圧倒したという曲。
→関連項目長唄峰崎勾当

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えちごじし【越後獅子】

(1)越後の蒲原を本拠として諸国を歩いて角兵衛獅子の扮装で踊りや軽業を行う大道芸およびその芸人をいう。(2)地歌およびそれを地とする舞。1788年(天明8)ごろ峰崎勾当作曲。三下り手事物。(1)を主題とする。箏の手が付けられて,箏曲として扱われることが多いが,その手付は,地域・流派によって異なる。京都の平調子のものは八重崎検校の手付。大阪の雲井調子のものは〈雲井越後〉ともいい,市浦検校の手付で,替手風。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えちごじし【越後獅子】

越後国西蒲原郡の神社の里神楽の獅子舞。
越後国西蒲原郡月潟村から出て、諸国を巡業した街道演芸。子供が獅子頭をかぶり大人の鳴らす太鼓・笛に合わせて軽業などをして、金銭を請い歩いた。角兵衛獅子。
地歌・箏曲の曲名。原曲(地歌)は天明・寛政期(1781~1801)、大坂の峰崎勾当作曲の手事物。箏の手付は八重崎検校作、市浦検校作などがある。
歌舞伎舞踊の曲名。長唄。七変化舞踊、本名題「遅桜手爾葉七字おそざくらてにはのななもじ」の一曲。篠田金次作詩。九世杵屋きねや六左衛門作曲。1811年江戸中村座初演。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越後獅子
えちごじし

越後出身の角兵衛獅子(かくべえじし)に取材した地歌、および歌舞伎(かぶき)舞踊。
(1)地歌。天明(てんめい)・寛政(かんせい)期(1781~1801)に大坂の峰崎勾当(みねさきこうとう)が作曲。のち、箏曲(そうきょく)に編曲され、生田(いくた)、山田の両流で行われている。
(2)歌舞伎舞踊。長唄(ながうた)。篠田(しのだ)金次作詞、9世杵屋(きねや)六左衛門作曲、2世市山七十郎(なそろう)振付け。1811年(文化8)3月江戸・中村座で3世中村歌右衛門(うたえもん)が初演した七変化舞踊『遅桜手爾葉七字(おそざくらてにはのななもじ)』の一つで、江戸市中を歩く角兵衛獅子の姿を描く。歌右衛門が好敵手3世坂東(ばんどう)三津五郎に張り合って創作を急いだため、地歌の『越後獅子』『晒(さらし)』や民謡などから歌詞、旋律を取り入れたのがかえって好評をよび、現代でも流行している。とくに、ひなびた俚謡(りよう)気分の浜唄(はまうた)の箇所が曲と踊りの眼目。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の越後獅子の言及

【長唄】より

…文化・文政期(1804‐30)は江戸趣味的な拍子本位の舞踊曲の全盛期である。この期には俳優にも3世坂東三津五郎,3世中村歌右衛門など兼ねる役者に名人が現れ,変化物(へんげもの)舞踊が流行した結果,長唄も短編ではあるが変化物に《越後獅子》《汐汲(しおくみ)》《小原女(おはらめ)》などの傑作が生まれた。また,伴奏音楽の面でも変化の妙を示そうとして豊後節系浄瑠璃(常磐津,富本,清元)と長唄との掛合が流行したのもこのころで,《舌出三番叟(しただしさんばそう)》《晒女(さらしめ)》《角兵衛》などが掛合で上演された。…

※「越後獅子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越後獅子の関連情報