コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口笛 クチブエ

デジタル大辞泉の解説

くち‐ぶえ【口笛】

唇をすぼめ、または指を口に当てたり入れたりして息を強く吹き、のようなを出すこと。また、その音。「口笛を吹く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

口笛

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、Mr.Children。2000年発売。作詞・作曲:桜井和寿。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

くちぶえ【口笛】

口をすぼめて、息を強く出して笛のような音をたてること。また、指笛のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口笛
くちぶえ

口をすぼめ、呼気や吸気で口腔(こうくう)内に気流をおこし、笛のような音を発音すること、またはその音。補助的に指を使用する場合は指笛とよび区別する。口笛は合奏に用いることもあるが、個人的に旋律を再現して楽しむ場合に多く用いられる。それは個人の満ち足りた気分の表示としばしば解釈される。また、平静を装ったり、周囲を牽制(けんせい)するために吹くこともある。より普遍的には、狩猟などで人間同士が連携体勢を強めるための合図や信号伝達に使われる。さらに、犬や鳥など人間以外の動物との意志の交流にも役だつ。人体楽器として音楽に使われた例では、プライヤー作曲『口笛吹きと小犬』が有名である。[藤田隆則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

口笛の関連キーワード新沼希空(つばきファクトリー)アイバン ドイグストレンジャーわらふぢなるおおがしゅう☆ぴゅうぴゅう美空ひばり下村 悦夫吉永小百合華井二等兵石川 正雄石森 延男嵐山光三郎牧美也子石川正雄吉田理恵石川啄木三好栄子小林由樹桜田昌三

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口笛の関連情報