万度祓(読み)マンドバライ

デジタル大辞泉「万度祓」の解説

まんど‐ばらい〔‐ばらひ〕【万度×祓】

中臣なかとみはらえことば神前で何度も読み、けがれをはらい清めること。
万度の祓をしたという祓串はらえぐし近世神職が家々に配り歩いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「万度祓」の解説

まんど‐はらい ‥はらひ【万度祓】

〘名〙
① 神前で中臣の祓の詞を一万度奏して罪を祓いきよめること。一万度祓。万度。
② 万度の祓をした祓串(はらいぐし)を納めた祓箱願主の家にまつるもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android